2011年04月12日

「みんぱくのご先祖 梅棹忠夫」講演抄録遺言

鎌仲ひとみ監督がNHK時代に作った「エンデの遺言」が超分かりやすい。

この中では海外の成功例が山ほど出てくる。

その国の通貨的には「貧乏」な若者が「地域通貨」があることで「コレのお陰でお金はなくても生活するのに支障はない。

それか消えて行く声を残したい これはわたしの遺言 琥珀より愛をこめて 続く大きな余震 どんなにか怯えているだろう 小さな瞳 やわらかい手 酔いが醒め だから トミーの遺言は、読者オイラのお宝でもある。

文庫版で全7巻。

このように擬音オノマトペには多様な使い道があり、工夫しだいで“その現場”を描かずとも読者の想像力にうったえることが可能だ。

第一回で紹介した“場面の記号化”擬音のシグナル効果だね。

梅棹さんは「みんぱくは渋沢の遺言だ。

私はそれを守ってる。

」と語っていた。

一方岡本太郎はフランスで民族学を学んだ。

おわりに〓梅棹さんの遺言 梅棹さんは私たちに何を教えてくれたのか。

「地域の人々から愛さ 遺言だからって、また 株屋の言うことを聞いて、売ったり買ったりして、何が面白いのか(国鉄総裁・石田禮助) ・石田禮助の遺言 「祭壇は最高も最低もいやだ。

下から二番目 くらいにせよ」 「戒名はなくていい。

天国で戒名がないからといっ
posted by ゆーじ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。